鹿島アントラーズ 歴代ユニフォーム - ユニ11 このディープレッド(茨城県花であるバラをイメージしたカラー)を基調に、王者として君臨する存在感を表し、第2のチームカラーの意味合いを持つネイビーを用いて、鹿島の地域を囲む海も力強く印象づけている。印象的な点は、鹿島神宮の象徴であり、クラブの象徴でもある鹿の背中の模様を表現したというチェック柄がシャツ全面に施されていることだ。 そしてデザインコンセプトのひとつであるという「プライド」から伝統の赤、クラブのカラーである赤を斬新に表現。 「鹿島アントラーズ ユニフォーム 2014」と関連する商品には 、10/31 、GK 、ユニフォーム 、マルキーニョス 、2012 などがあります。 「鹿島アントラーズ ユニフォーム 2014」は7件の商品が出品されており、直近30日の落札件数は3件、平均落札価格は5,451円でした。 その他にも 、ジュニーニョ 、選手支給 、3RD 、vs 、FC東京 鹿島 アントラーズ 2013 ユニフォーム などの「鹿島アントラーズ ユニフォーム 2014」に関する販売状況、相場価格、価格変動の推移などの商品情報をご確認いただけます。 ユニフォーム 669枚目 鹿島アントラーズ 2019年シーズン 2nd用 半袖 安西幸輝 2019年シーズンに使用された2nd用ユニフォームです。過去、数多くのタイトルを獲得してきた鹿島アントラーズにとって、2年前に勝ち獲ったアジアナンバーワンというタイトルは、悲願のACL初制覇でもあり、クラブにとって節目の“20冠”達成となりました!

クラブ史上初のアジア制覇に大きく前進した、AFCチャンピオンリーグ決勝第1戦のペルセポリスFC戦からちょうど2年。見事連覇を飾っている。 【関連記事】ついに開幕!今回、Jリーグクラブとしては史上初のライブ配信連動型のオークションを実施いたします! そのセレーゾ監督は5節のセレッソ大阪戦で、クラブ史上初のリーグ戦通算100勝を達成したが、J1では上位をキープしつつも勝負強さを欠く試合が目立ち、7月以降リーグ戦での完封はわずか2試合。素材としては13年と同様に全てリサイクルペットボトルを使用したATOMファブリックを採用し、通気性50%、伸縮性210%(フィット感、快適さ向上)、耐久性40%をアップさせながら、10%の軽量化を実現。伝統と誇りが表現された。鹿島灘、霞ヶ浦、利根川など水に囲まれたホームタウンを象徴する紺パンツとの伝統的な組み合わせを継続し、ソックスは対戦相手に合わせて選択できるよう2種類用意された。 20日、鹿島アントラーズの新体制発表会見でナイキ社から2014年新ユニフォームが発表された。鹿島は24日、2014シーズンに向けた新ユニフォームを発表。

開催終了5分前に入札更新がある場合、終了時間が5分延長されますのでご了承下さい。加えて、これまで首元は襟付きだったり、丸首だったが、今回初めてVネックを採用し、差し色としてネイビーと「ビクトリーゴールドという意味合い」(NIKE関係者)でゴールドを使用。試合を観戦しながら「鹿ライブ」を通して、オークションに参加しよう! ※鹿ライブをご視聴しなくてもオークションに参加いただけます。 鹿島 アントラーズ ユニフォーム 2013シーズン、1年で退任したジョルジーニョ監督の後任として、2000年から2005年にかけて指揮を執ったトニーニョ・新戦力として、ジュビロ磐田のMF山本脩斗を獲得したほか、筑波大のFW赤崎秀平、帝京大可児高のU-17日本代表MF杉本太郎という注目の若手選手の加入も決まっている。日本代表で…鹿島アントラーズの歴代・ ◆当ページでは鹿島アントラーズの歴代ユニフォームを表示しております。

セレーゾ監督は2014シーズンも続投することとなったが、長くチームを支えた元日本代表DF岩政大樹が退団。 ここでは日本勢が参戦する東地区(グループE~H)から、全16チームのユニフォームを紹介しよう。初戦の慶南戦では白のアウェイキットを着用。最終節を前に手にした3位の座もサンフレッチェ広島との最終戦で幻と消え、5位という成績に終わった。国内は無冠に終わった鹿島だが、8月7日に行われたスルガ銀行チャンピオンシップでは前年のコパ・ アウェイ(2nd)はチームがこれまでに獲得した国内タイトル16のうち、特に11冠目以降は5回が白のユニフォ-ム着用の試合で勝ち取ったものであったことから、引き続きビクトリーホワイトがベース。画像のユニフォームは国内リーグ用で、ACL用には別デザインを投入する可能性も。 ホームは現時点で画像未掲載だが、伝統的にオレンジで彩る。画像が未掲載のキットについては、可能な限り随時更新を予定している。 また2ndユニフォームは近年のタイトル獲得時に身につけていることが多いという勝利の色「ビクトリーホワイト」をベースとし、クラブエンブレムのグレーを取り入れている。 さらにサイドパネルやショートのバックパネルには縫い目を一切使わないレーザーカッティングによる通気孔を配置し、プレー中に空気を多く取り入れて背面に送り込み、体温の上昇を防ぐことにより、プレイヤーのパフォーマンスの向上につなげている。